ダンス留学生:松本さん

ダンススタジオについて

私はブロードウェイダンスセンターに通いました。クラシックからストリートまで様々なジャンルに取り組めると思ったからです。

場所はタイムズスクエアからすぐで駅からも近く帰りが遅くなっても賑わっているので安心出来ました。

アプリでチケット数とレッスン内容を確認し、当日受付で受講したいレッスンを言いスタジオを教えてもらうという形でした。

代行などはアプリに表示されるのですが、スタジオの場所が変わったりすることがあるので私は受付横のスタジオが書いてあるモニターを常にチェックするようにしていました。

レッスンは、Lv1からLv6まであるので自分に合わせて通うことができます。ただ、Lv1は本当に基礎の基礎からでした。

どのクラスも活気があり先生も生徒もパワーが溢れていたのでとても楽しかったです!

滞在先について

滞在はウッドサイドの駅から10分ほどぐらいのところにホームステイでした。ホストマザーがおしゃべり好きでホームステイ先にも何人か留学生がいたので仲良くなりました。

朝は目玉焼き、パン、シリアルが置いてあり、夜は頻繁にお米や簡単な和食、中華が出てきていたので和食が恋しくなることはあまりなかったです。

ミュージカルや観光して遅くなる時にはLINEをして、別で夕飯を取り分けて置いててくれたりしました。

ニューヨークでの留学生活

治安が悪いと聞いていたのでなるべく夜は出歩かないようにしていましたが、思ったよりもタイムズスクエアの方は大丈夫でした。

ですが栄えている通りから外れると人通りは少なくなるのでそこらへんは危ないなと思いました。

お水など物価が高いのでスーパーでまとめ買いをした方がいいと思います。

お土産やチケットなどはカード払いをしていたのですが、メトロポリタン美術館やTKTSでは、JCBカードが使えないと言われたのでそこは注意してください。

リビングアメリカに決めた理由

友人がリビングアメリカさんでLAに留学していて紹介してもらったのがきっかけです。

資料集めのとき1番丁寧に細かく説明してくださり、だいたいの見積もりや現地の細かい資料を郵送ではなくデータで頂けてすぐに家族に共有できたのでリビングアメリカさんに決めました。

留学経験者が疑問を解決

リビングアメリカ代表:和田
自身も高校生の時に3週間の短期留学でホームステイに滞在。その後大学進学でロサンゼルスに留学。

2011年に留学会社「リビングアメリカ 」を設立。ロサンゼルスにオフィスを持ち、1000人以上の留学生をサポート。

どのようなご質問でも受け付けておりますので
お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ

LINEからお問い合わせくださいLINEでお問い合わせ