ダンス留学:寺倉さん

ダンススタジオについて

今回大学の春休みを利用して3週間New Yorkへ語学とダンス留学に行きました。 ダンススタジオはBDCに通いました。

月曜日は朝9:00からBDCで3レッスン。13:30にレッスンが終了後、歩いて語学学校へ移動して学校の授業を受けていました。

17:30に授業が終わると、語学学校の友人とショッピングや食事に出かけました。 週末はBDCのレッスンや、舞台の観劇に出かけました。

毎日寮から語学学校とBDCの往復の日々。 寮には帰って宿題をして寝るだけという生活でした。

和田さんから事前に色々とアドバイスを受けていました。 ダンスのレッスンに集中したいなら寮の方がオススメだというアドバイスは本当にそう思いました。

帰宅後誰にも気を使う事も無く、自分のスケジュールを自由にくめた事が今回充実した生活の一因だったと思います。

この留学の最大の目的であったBDCでのレッスンは、私に大きな目標や、沢山の気付きを与えてくれました。

私は3歳からclassic balletを始め、現在はContemporary、Jazz dance等幅の広いジャンルのDanceやっています。

BDCでは毎日私の基本であるclassic balletをスケジュールに入れ、その他にBroadway jazz、Jazz fusion、Contemporary jazz。

そしてContemporaryをメインに学びました。 Ballet以外は殆ど素足で踊る。大地からのエネルギーを自分の足で感じる。

呼吸方法で身体能力が向上する。踊る時に頭で考え無い。感じる事を感じるままに踊る。

他にも挙げたらきりがありませんが、型にはまっていた私の解放の瞬間でした。

先生にはとても良く見ていただき、帰国を伝えると「帰るな」とまで言っていただきました。

「必ず戻る」と約束してBDC を後にするのは寂しくて仕方がありませんでした。

語学学校について

語学学校はECNYというタイムズスクエアーのど真ん中にある最高のロケーションでした。

学校は劇場通りにあり、ミュージカルの終演後は出待ちの人で溢れかえっています。ECNYは月曜日から金曜日までの授業です。

初日にクラス分けテストがあり翌日から各クラスで受講します。私は月、水、金曜日は午後からの授業。火、木曜日は午前中の授業でした。

ECNYでは様々な国の友人と出会い、教室の中では国境等ありませんでした。

共に助け合い、同じ時間を過ごす事でできた繋がり、絆。現地でしか体験できない事だと思います。

教室で行われる小さな世界会議は、とても平和で有意義なものです。

ここでも再会を約束して別れを告げるのは寂しくて仕方がありませんでした。

ニューヨークでの留学生活

今回の留学がスムーズに催行され、現地でも困る事無く過ごせた事は

和田さんをはじめ、現地スタッフの皆さまのお陰だと感謝しています。

本当にありがとうございました。

最後に帰国したその日に次回New Yorkへ旅立つ計画を始めている私です。

それくらい素晴らしい留学でした。また行きたいです。

寺倉さんからの
ひとことメッセージ

留学経験者が疑問を解決

リビングアメリカ代表:和田
自身も高校生の時に3週間の短期留学でホームステイに滞在。その後大学進学でロサンゼルスに留学。

2011年に留学会社「リビングアメリカ 」を設立。ロサンゼルスにオフィスを持ち、1000人以上の留学生をサポート。

どのようなご質問でも受け付けておりますので
お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ

LINEからお問い合わせくださいLINEでお問い合わせ